にきび痕の治療

にきび痕の治療

にきび痕の治療



にきびをきちんとケアしていたにもかかわらず、
赤みが残ったり、しみになってしまったり、
皮膚の表面がでこぼこになって
しまったりすることも少なくありません。

このように自分ではもう治すことが
できない状態になった場合には、
皮膚科などの専門家で治療することをおすすめします。

赤みが残った時にはなるべく紫外線に
当たらないようにしていれば、
だんだんと薄くなっていくと思われます。

しかし、紫外線の刺激をうけて
しみとなってしまった場合は、
美白化粧品や美白によいサプリメントなどを
利用する方法もありますが、
確実にしみを取りたいのなら、
レーザーという選択もあります。



しかし、でこぼこになってしまった皮膚は
元にもどすことはできません。
専門クリニックでもダメージを
軽くすることはできますが、
元には戻らないということを
認識しておかなくてはなりません。

でこぼこの治療には、ケミカルピーリング
という方法がよく使われます。
これは、皮膚の表面の硬くなった角質を
専用のフルーツ酸で溶かして、
取り去ることで、皮膚の新陳代謝を活発にするというものです。

それと同時にヒアルロン酸やシリコンジェルを注入して、
へこんだ皮膚をふっくらとさせてあげるという方法も効果的です。