にきびと洗顔

にきびと洗顔

にきびと洗顔


にきびができると、皮脂を取り除くため、洗顔がすすめられますね。
過剰な皮脂が毛穴をふさがないように
毛穴をきれいな状態に保つことは非常に大切です。
洗顔によってお肌を清潔に保つことは
できてしまったにきびはもちろん、
にきびの予防にも効果的だと思われます。

しかし、正しい洗顔方法でなくては、
逆効果になる場合もありますので注意が必要です。
ただゴシゴシと力まかせに洗うのは厳禁です。
まずお肌に負担のかからない弱酸性の洗顔料を
泡立てネットなどを利用して十分に泡立てます。

お肌にその泡をたっぷりとのせて、
指の腹がお肌にさわらない程度の弱い力で
なでるように滑らせます。そして、十分洗顔料を洗い流したあと、
タオルでやさしくふき取ります。



このときもゴシゴシとふきとるのは厳禁ですよ。
また、洗顔料の選び方も重要になります。
石鹸タイプは、洗浄力が強いため、
思秋期にきびの皮脂が過剰分泌している時には効果的ですが、
大人にきびには、必要な皮脂まで
取り除いてしまうのでおすすめできません。

おとなにきびには、クリームタイプや
ジェルタイプの洗顔料がよいそうです。
お肌の乾燥からくるにきびもあるので、
洗顔後の十分な保湿に心がけるようにすることも大切です。
このとき、できれば、
化粧水などのスキンケア商品も
脂分の少ないものを選ぶとよいでしょう。