にきびによい食べ物・悪い食べ物

にきびによい食べ物・悪い食べ物

にきびによい食べ物・悪い食べ物



にきびができやすいお肌のことを「にきび肌」といいますが、
にきび肌と皮脂は非常に重要な関係があるといわれています。
皮脂が過剰に分泌することでにきびができやすくなるため、
皮脂が出やすくなるような
食べ物はなるべく避けたほうが無難です。

たとえば、ピーナッツなどのナッツ類やチョコレートなどは、
脂分と糖分が多いので皮脂を
分泌しやすくなるといわれています。
これは医学的に解明されているわけではありませんが、
なるべくにきびができている時は避けるのが賢明です。

また、カフェインやコーヒー、カレー、
スパイシーなエスニック料理などは、刺激物なので、禁物です。



他にも、添加物を多く含む食品は、
にきびの炎症が活性化される場合もあります。

一方、にきびによい食べ物としては、
一般的にビタミンA・B・Cを多く含む食品だといわれていますので、
緑黄色野菜や果物などを積極的に摂るようにするとよいでしょう。
ですから、レトルト食品やインスタント食品を食べた時には、
野菜ジュースやサラダを食べたり、
フルーツを一緒に食べるようにすることが望ましいですね。

いずれにしてもバランスのよい食生活を
心がけることがにきびを作らないために必要だといえるでしょう。
どうしても食品から摂取するのが難しい場合には、
サプリメントを上手に利用するという方法もあります。