にきびに似ている症状

にきびに似ている症状

にきびに似ている症状



一口ににきびといっても、にきびに似た症状はいろいろあり、
その違いはわかりにくいといわれています。
にきびと最も似ているものは「おでき」であり、
これは毛穴の奥深くに細菌が入り込むことで
その周辺が炎症を起こした状態をいいます。

おできは、症状によって
「毛包炎」「せつ」「よう」の3つに分類されます。
まず小さく豆粒くらいのものが「毛包炎」であり、
それより少し大きいものを「せつ」とよび、
腫れと熱をもっており、触ると固いしこりがあり、
痛みが激しいのが特徴です。

この「せつ」が数十個つながったものを「よう」といい、
脹れ痛み、発熱のほかにリンパ節が腫れる場合が多いようです。



ほかにも、「マラセチア毛包炎」というものもあり、
これは、毛穴の奥で「癜風菌」とよばれる菌が
増殖することで起こる症状のことです。

かゆみなどは特にありませんが、
毛穴の奥に「紅色丘疹」や「小膿疱」が
埋め尽くすようにできるということです。

また、「脂漏性湿疹」や「脂漏性皮膚炎」とよばれるものもあり、
これは皮脂の分泌が異常になることでおこるもので、
顔全体に広がるのが特徴です。
これらはにきびと間違われることもありますが、
あまりにも腫れがひどい場合や発熱を伴う場合には
迷わず皮膚科を受診することをおすすめします。