にきびの原因

にきびの原因

にきびの原因



にきびに悩む人は多いようですが、
にきびの改善にはまずその原因を
しっかりと知ることが大切です。

にきびは大きく分けると思春期にできるにきびと、
思春期を過ぎた大人にできるにきびに分けられます。
それぞれにきびができる原因も大きく異なるようです。
まず思春期にできるにきびの多くは、
皮脂の過剰分泌によるものです。

思春期特有の成長ホルモンの影響から、
皮脂が過剰に分泌されることで、
毛穴がふさがれてしまい、アクネ菌が増殖し、
にきびがうまれます。



思春期のにきびは、男女に関係なくできるものであり、
「青春のシンボル」呼ばれることもありますね。
思春期にきびは、成長とともに
皮脂の分泌が落ち着いてきますので、
自然に減ってくるのが普通です。
こまめに洗顔したり、皮脂を取り除くなど、
皮膚を清潔に保つことが大切です。

一方、大人のにきびは、思春期にきびのような
一過性のものではないので、
非常にやっかいだといわれています。
なぜなら、大人のにきびの場合は、
原因が多岐にわたっているので、特定が難しく、
なかなか改善がみられないということです。

ストレスや悩み事など精神的なものが原因の場合や、
体調、食生活や生活習慣などが原因の場合がありますが、
いずれにしても大人のにきびには
根気強く取り組む必要があります。