にきびの種類

にきびの種類

にきびの種類



一口ににきびといっても、症状の段階や
色などの特徴によっていくつかの種類があります。
まず最も初期段階のにきびである
「白にきび」ですが、これは、
毛穴が閉じた状態で中に皮脂や
角質が溜まっているものをいいます。

ほかの皮膚と見た目は変わりませんので、
ほとんど目立たないのが特徴です。
指で触ったときにプツッとしたものが
あたるので確認できる程度です。

「黒にきび」は、白にきびの逆であり、
毛穴に皮脂や角質が詰まって、
毛穴が開いた状態のにきびのことをいいます。



小鼻の周りなどに多くみられるもので、先端が黒くみえます。
この黒にきびの症状がすすんだものが
「赤にきび」になります。赤にきびは、アクネ菌が増殖して、
毛穴が炎症を起こしてしまったもので、赤みと痛みを伴います。
見た目も少し腫れて赤くなっていますのでにきびだとすぐにわかります。

この赤にきびがさらに炎症を悪化させてしまったものが、
「黄にきび」になります。これは膿が溜まっている状態であり、
にきびの最終段階であることから「膿腫」と呼ばれることもあり、
にきびの中では最も重症です。

外からも赤くはれ上がったにきびに
膿が溜まっているのが確認できます。

黄にきびの場合は、真皮が傷ついて
しまっていることも考えられますので、
炎症が治まったとしても、痕が残る場合が多いようです。